山口 温泉

  • [ 山口県の温泉や温泉旅館・宿泊施設の総合ガイド ] 

山口の温泉オンラインへようこそ

本州の最西端、山口県には50ケ所以上の温泉があるといわれています。当サイトでは、おすすめする温泉地や旅館・ホテルなどの宿泊施設の情報を発信しています。

観光で山口県内に訪れる方はぜひ近場で温泉を探してみてはいかがでしょうか? そしてせっかくあったかくて健康に良いお湯につかるなら、おいしい食事もたべて、快適に休んで、すばらしい温泉旅行にしてみていかがでしょうか?

身も心も癒されるに違いありません。

旅館とホテル情報はこちらから

山口県の温泉ピックアップ

湯田温泉

最近なんだかツイてないなあ、いい事無いかなあ〜。 ストレスがたまってるなあ、疲れが取れないし。 そんな時は思い切って旅にでも出て気分転換してみてはいかがでしょう?それもパワースポット、風水学的に最高の吉相といわれる地相への旅だったら最高ですよね。

日本では古来から風水を利用した街づくりが行われてきました。風水を利用して作られた街としては京都や鎌倉が有名ですが「山口」も風水を利用してまちづくりが行われたことを知っていましたか?

山口市のまちは、鎌倉と並んで中世の風水が残る数少ない土地。京を模してまちづくりを行ったといわれ、まちづくりの際には京から陰陽師も招いたとか。山口のまちは一の坂川が作り出した扇状地にあります。かつて椹野川は舟が往来して外港へと通じ、町なかに石州街道と萩往還が交差する、財が行き交う交通の要衝でした。

・ 東は椹野川/東山(青龍)
・ 南は椹野川と仁保川の合流地点「出合い」/姫山(朱雀)
・ 西は竪小路/鴻ノ峰(白虎)
・ 北は七尾山(玄武)

によって囲まれ、龍脈から流れ込んだ気を逃がさず保つ、風水理想の条件を満たす山口。

次の旅行は今も残る風水スポットをまわって、気の流れを感じつつ、元気の源を探してみる旅はいかがでしょうか?

そして、山口市での宿泊におすすめなのが西南方位に位置する湯田温泉。西南方向は風水でいう、西(白虎)と南(朱雀)の両方の気をかねた場所です。西は五行の「金」にあたり、白狐(虎)は財運を呼び込みます。また南の守護「朱雀」は、安産・よみがえりをもたらす<不死鳥(フェニックス)。

そしてそもそも「陰」と「陽」が混じり合う温泉は、気が絶えず湧き出る龍穴そのものです。このようなパワースポットである湯田温泉に浸かれば、様々な運気・よみがえりの気がもたらされ、きっと身も心も癒されますね。

また、湯田温泉には足湯も5箇所ありますので、時間のない方には足湯めぐりもおすすめです。皆さんも是非、風水の町山口とパワースポット湯田温泉に出かけてみてください。

長門湯本温泉

山口県長門市の静かな温泉街、長門湯本温泉。 その温泉街をぬって流れる音信(おとづれ)川には、ちょっとせつなくて、 でもほっと心にしみわたる美しいものがたり「音信川恋伝説」が残されています。

関連サイト

スポンサードリンク

温泉地
旅館・ホテル
広告募集

広告募集しています。お問い合わせフォームからどうぞ。