ホテルかめ福

  • HOME > ホテルかめ福

“夢の御湯”など趣向を凝らしたお風呂が評判「ホテルかめ福」

ホテルかめ福

各地の温泉にはそれぞれ色々な伝説があるようですが山口県の湯田温泉に伝わるのが「白狐伝説」です。

昔々、湯田の権現山の麓の寺に小さな池がありました。その池には毎晩傷ついた白狐がやってきて足をつけていました。この様子を見ていた寺の和尚さんが不思議に思い、その池の水をすくってみるとなんと温かいのです。そこで池をさらに深く掘ってみると、湯がこんこんと湧き、薬師如来の金像があらわれました。この仏像を拝んで湯あみをすると難病もたちまち治ります。それから「白狐の湯」として評判を呼び、温泉は栄えるようになったそうです。

そんな伝説の残る湯田温泉の中心にあるホテルが「ホテルかめ福」。こちらの宿の自慢は大浴場「夢の御湯」です。白狐伝説を元に白狐と仲間の動物たちを集め、おとぎの世界を表現した「おとぎ話の湯」、かめ福の『福』にちなんだ、おめでたい「七福の湯」は宝船に乗った七福神が迎えてくれるお風呂、一人がすっぽり入る深めのお風呂「つぼ湯」の浴槽は形の違う3種類、この他にジャグジー、サウナ、趣のある露天風呂など風呂好き、温泉好きなら全種類を制覇せずにはいられないユニークなお風呂が最大の魅力の「ホテルかめ福」。

お部屋のタイプは和室、洋室、和洋室に、半露天風呂付客室、カラオケが可能な特別室、またバリアフリーの温泉付特別室、宿泊料金に1800円プラスするだけで利用できるこだわりのデザイナーズルームなど様々です。

ホテル内の施設は居酒屋や喫茶、お土産コーナー、パブなど必要な施設は全て揃っています。近隣にはボウリング場やゴルフ場、スパ施設もあり、宿泊者はこれらの施設を割引で利用できるのも嬉しいサービスです。

山口の冬と言えば「ふぐ」ですが、もちろん「ホテルかめ福」でも11月〜3月までふぐ料理も楽しめますので、これからの時期、あたたかい温泉に浸かって美味しい料理でも食べたいなと思ったら、まず一度「ホテルかめ福」のホームページを覗いてみて下さい。

ホテルかめ福の予約や宿泊状況はこちらから

温泉地
旅館・ホテル
広告募集

広告募集しています。お問い合わせフォームからどうぞ。