劇場旅館 川棚グランドホテル

  • HOME > 川棚グランドホテル

ドラマティックな旅館を目指す劇場旅館「川棚グランドホテル」

川棚グランドホテル

中国自動車道「下関IC」より北へ約20km、古くから下関市・北九州市の奥座敷として栄えた温泉地が川棚温泉です。江戸時代には毛利家の殿様や長府藩主たちが好んで入浴し、1693年には毛利綱元により、殿様専用の「御殿湯」が設けられました。また酒と温泉をこよなく愛した俳人・種田山頭火が100日近く滞在したことでも有名です。

そんな川棚温泉で西洋のモダンと日本の伝統が上手にミックスされた建築家のデザインホテルに泊まってみませんか?川棚温泉グランドホテルは「劇場旅館(登録商標)」をテーマに、川棚の風土をベースとしたドラマティックな旅館づくりを目指しています。

部屋はいろいろなタイプが用意されていますが、中でもおすすめは温泉付きの離れ。

例えば、

◇温泉付離れ 臥龍梅(がりゅうばい)

全室に天然温泉付。露天風呂のタイプと内風呂タイプのお部屋があります。お部屋はバリアフリー設計で人にやさしく、リビングダイニングスペースにツインベッドのある、全室45m以上の広々空間。床暖房付で和室のように裸足と浴衣でのんびりとくつろげます。

◇露天風呂付離れ 花椿

全室露天風呂付。けいそう土と琉球畳で仕上げた10畳もしくは12畳の和室はすっきりとシンプルな造り。浴槽はグランドホテルが所有する山林から伐り出したひのきを贅沢に使用し、専属の大工が加工したものです。

◇特別室 緑水亭

一戸建て数奇屋造りの特別室。純和風のお部屋は日本庭園を眺めながら和の陰影を堪能できる空間です。和室12畳とツインベッドの和洋室タイプ。

◇サンチェーロ

展望風呂付ペントハウス。屋上離れにカッシーナのキングサイズのベッドでシンプルモダンの癒し空間です。この他にも本館、山荘のお部屋があります。

また、何処を切り取っても絵になる風景が広がる緑の庭と茶室や、季節によってメニューは変わるものの、この時期は絶対にはずせない下関のとらふく料理も魅力の川棚グランドホテル。ホームページから空き室の確認や予約も出来ますので興味のある方は是非一度アクセスしてみてください。

川棚グランドホテルの予約や宿泊状況はこちらから

温泉地
旅館・ホテル
広告募集

広告募集しています。お問い合わせフォームからどうぞ。